前向きなコンプライアンス体制を構築するには

社員がイキイキと働きだす組織環境づくりのヒント

「前向きなコンプライアンス体制を構築するには」に興味をもっていただき、ありがとうございます!この資料が皆様の課題解決の一助となれば大変うれしく思います。
また資料をご覧いただき、ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料は下記フォームにご入力いただけますとダウンロードページに移動しますので、
そちらからダウンロードいただけます。
※は必須項目ですので必ずご記入、チェックの上、送信してください。半角カナ・旧漢字は使用しないで下さい。

コンプライアンス違反を正当化しない企業文化をつくる!

私たちを取り巻く環境は、法令等の改正や社会の価値観・倫理観等がめまぐるしく変化しています。もはや、法令を守っていれば何をしても許されるという時代ではありません。社会のあるべき常識や倫理を念頭に置きながら、時代の価値観に柔軟に対応していく姿勢が求められています。
求められるのは、社員一人ひとりを規則で縛るのではなく、一人ひとりが守るべきことをしっかりと守ったうえで、自らが考え行動ができるコンプライアンス体制の構築です。前向きなコンプライアンス体制をいかに構築するのか?社員がイキイキと働きだす組織環境づくりのヒントがここにあります。

-ダウンロード資料「前向きなコンプライアンス体制を構築するには」主な内容-
■P3 :コンプライアンスの基本的な考え方
■P4 :コンプライアンスとは企業業績を推進し新たな価値を創造するもの
■P5 :不正発生のメカニズム「不正の3原則」
■P12:品位の高い会社ほど社内の不正頻度は低い
■P15:企業の想いと求める働き方を繋げる

資料ダウンロードフォーム

最新資料はこちらからダウンロードいただけます

入力内容が正しくない場合にはダウンロードできないこともございます。ご注意ください。

イマジナの書籍ご紹介


イマジナご紹介

【書籍】
■『ブランド力』(日経BPコンサルティング)
■『今、企業がブランド力を上げる理由』(日経BPコンサルティング)
■『世界で勝てるブランディングカンパニー』(ダイヤモンド社)
■『<CCO>が会社を伸ばす!』(ダイヤモンド社)